• 人と人を結んでいく。
  • 病院をつなぐ。

about S.T.N

いつ、どこで災害が起こるかわからない日本。
災害が発生した際、入院中の患者さんを安全な地域に転院させ、落ち着いてから元の地域にもどす。
災害転院ネットワークとは、一時的な避難転院を支援する全国規模のプロジェクトです。

代表理事 石田 真也

入院患者さんやそのご家族にとって、
被災地からの一時避難はとても大変なこと。

代表理事 石田 真也

熊本地震のとき、大阪にいる男性から「熊本の病院に父が入院している。大阪に転院させられないだろうか?」と問い合わせがありました。少なからず被害を受けた自宅から父親の世話に通う母親だけでも大阪へと誘うものの、父親を置いてはおけないと拒否。父親を転院させることができれば母親も避難させられるのに、とその男性は悔しそうにおっしゃいました。

きっとこのような状況にあるご家族がたくさんいるのであろうと、2018年4月14日、熊本地震より2年が経つこの日に、災害転院ネットワークの法人立ち上げ準備室は開設されました。


会員向けサービス会員の病院・施設は、当ネットワークを利用することができます。

  • 患者さんを一時転院させる
    患者さんを一時転院させる
    転院希望リストに登録できます。受け入れが可能な機関(同じく会員)がそのリストを見て、要件が合ったら受け入れのコンタクトがあります。リストの段階では個人情報は伏せられています。
  • 転院希望の患者さんを受け入れる
    転院希望の患者さんを受け入れる
    受け入れ可能機関リストに登録できます。患者さんの転院先を探している機関(同じく会員)がそのリストを見て、要件が合ったら転院依頼があります。
  • リストから
    ピックアップ
    step1
    step1
  • 当コールセンター
    へお問い合わせ
    step2
    step1
  • マッチング完了
    step3
    step1
  • 転院元が復旧後、
    当コールセンターへ
    ご連絡
    step4
    step1
  • 転院元へ戻る時期
    のご相談
    step5
    step1
  • BCP計画策定支援
    BCP計画策定支援
    震災や洪水、インフルエンザ等が発生した際、事業所の閉鎖や事業縮小のリスクを軽減し、事業継続力を高めることが非常に重要です。当法人では、防災力向上・BCP策定に向けた支援を行い、緊急事態発生時に重要業務を中断させずに、あるいは中断したとしても早期復旧し、事業の継続や信頼性向上などに繋がるようにいたします。
  • 顔が見える関係づくり
    顔が見える関係づくり
    年に1~2回、全国の会員さまを対象とした連携会議を開催いたします。研修や基調講演、グループディスカッションなど地域の実担当者の顔を見ながら交流を図り、さらに地域での協力体制を構築できるチャンスとなります。

詳細パンフレットはこちら[PDF]


会員加入費用病院・医療施設はもちろん、一般企業や個人の方も登録いただけます。

病院 A会員
  • 200床以上
  • ただいまキャンペーン期間中にて年会費無料 
病院 B会員
  • 200床以下
  • ただいまキャンペーン期間中にて年会費無料
有床診療所
  • 20床以下
  • ただいまキャンペーン期間中にて年会費無料
施設会員
  • 特別養護老人ホーム、介護老人保健施設など
  • ただいまキャンペーン期間中にて年会費無料
賛助会員
  • 一般企業
  • 一口 10万円
個人会員
  • 協力個人会員
  • 一口 5千円

会員登録はこちら

※ 登録完了には当ネットワークの承認が必要です。

お問い合わせの多いページ